自宅のネット回線をWiMAXに一本化して料金節約!

WiMAXは、当初モバイル通信として登場しました。利用シーンは、主に外出先を想定したものだったのです。

ですが、年々回線は高速化し、プロバイダーの公表している速度は最大速度220Mbpsとなっています。従来の固定回線が最大50Mbpsなので、自宅で使う固定回線よりも速いことになります。

インターネットを利用する中で、最も回線速度を必要とするのがYouTube等の動画を見ることだと思いますが、WiMAXなら問題ありません。(参考:WiMAXでYouTubeなどの動画サイトは快適に見れるのか)

WiMAXの最大の特徴は、なんといっても通信量制限が無いことです。他のモバイル通信だと、使いすぎると通信速度を制限されてしまいますが、WiMAXはいくらでも使い放題。

速度は固定回線よりも速く、さらに使い放題なので、自宅用のインターネット回線は不要だと考える人が最近増えてきています。

自宅インターネットと外出用インターネットをWiMAXで一本化

WiMAXなら自宅でも外出先でも快適にインターネットを使えます。ならば、自宅用の回線は解約して、インターネット回線はWiMAXに一本化するという人が最近多いです。

例えば、独身で一人暮らしのサラリーマンやOLの場合。朝は起きたらすぐに家を出て、帰宅は夜遅く。自宅でインターネットを使う時間は、せいぜい1〜2時間程度。そのために高額な固定回線や光を契約するのはもったいないですよね。

また、マンションに回線を引き込むには工事が必要なこともあります。余談ですが、光をマンションで使う場合、一つの光回線を数十世帯で分けあって使うので、高額な料金のわりに速度が出ないということもしばしばあります。

導入が大変で月額料金も高額な光を自宅専用に契約するよりも、家でも外でも使えるWiMAXに一本化するというのは賢い選択です。

料金比較

固定回線や光と、WiMAXの料金を比較してみます。

ADSLとWiMAXの料金比較

プロバイダー等は指定しないので、ざっくりとした料金を比較してみました。

ADSL WiMAX
月額 4,500円 3,600円
初期費用 18,000円 3,000円

ADSLは工事が必要な場合、初期費用が高くつきます。WiMAXは工事の必要が無いので、初期費用がかなり抑えられます。

WiMAXを使うための端末を購入する必要はないの?と思う方もいるかもしれませんが、WiMAXは多くのプロバイダーがキャンペーンをやっていて、WiMAX端末は最新機種でも0円でもらえることが多いです。

月額料金もWiMAXのほうが安いですね。

光とWiMAXの比較

次はフレッツ光とWiMAXの料金を比較してみましょう。

WiMAX
月額 5,100円 3,600円
初期費用 24,800円 3,000円

こちらも工事費・月額ともに高くつきますね。

光回線は「高額だけど超高速回線」というのが特徴ですが、そこまでの高速回線が必要なシーンはあまり多くないと思います。

先程述べた通り、インターネットを利用する中で最も速度を必要とするのが動画の視聴ですが、WiMAXでも全然問題ないんですよね。

これまで通信量制限がモバイルブロードバンドのネックだったわけですが、WiMAXでは無制限となり、その点は解消されました。

WiMAXを固定回線と同じように使う

自宅ではWiMAXは固定回線と同じように使えます。

例えば、パソコンはもちろん、スマートフォン、ゲーム機といった機器を同時に1つのWiMAXにつなぐことができます。よって、わざわざ固定回線を用意する必要はありません。

外ではモバイルブロードバンドとして、家では固定回線の代わりとして、WiMAXは1台二役の働きをします。

一人暮らしにおすすめのプロバイダー

WiMAXを一人で使うのか、家族と共用にするのかによって、おすすめのプロバイダー・キャンペーンは変わってきます。

まず、一人で使う場合は単純に料金の安いプロバイダーを選ぶのがおすすめです。

なぜかというと、WiMAXはどのプロバイダーを選んでも通信速度やつながりやすさ、端末などは全部同じだからです。WiMAXはMVNOという形式で提供されています。

MVNOとは

なので、料金の安いプロバイダーを選ぶのが良いと思います。

WiMAX料金比較ランキング

家族で共有

一人暮らしならWiMAXはかなりおすすめの選択肢です。しかし、家族で使う場合はどうでしょうか?例えば、一人がWiMAX端末を外に持って行ってしまうと、家ではその間は使えなくなってしまいます。

そこで2つのオプションがあります。「機器追加」オプションと、「家族割引」で2台目を契約することです。

機器追加

WiMAXの通常プランに加えて、月額200円を追加するとWiMAX端末をもう一台使うことができます。

ただし、これには欠点があって、2台同時に使うことはできないんです。1台がインターネットに接続している場合、もう一台は使うことができません。

そのままの設定だと、回線は早い者勝ちになりますが、どの端末を優先して接続させるか設定することができます。例えば仕事で使いたい時など、つながらないと困る場面ではこの設定をすることで対応できます。

少し不便ですが、優先度を設定することで家族の共用も問題なくできると思います。

家族割引

先ほどの機器追加オプションでは少し不便だというなら、家族割引を利用して2台目をお得に契約するのもありです。

家族割引をやっているプロバイダーはいくつかありますが、大体月1,000円以上安くなります。

家族割引をやっているプロバイダー一覧

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

WiMAX2+ ギガ放題はただの値上げ?

NO IMAGE

旅行や出張先でインターネットを使う方法

NO IMAGE

賃貸アパートでインターネットを安く使うにはWiMAXがおすすめ

NO IMAGE

WiMAXでYouTubeなどの動画サイトは快適に見れるのか

NO IMAGE

Try WiMAXで15日間のWiMAXお試し体験をしてみよう

NO IMAGE

GMOとくとくBBの解約方法