WiMAXでYouTubeなどの動画サイトは快適に見れるのか

インターネットを使ってすることは人によって様々だと思います。メール、ネットサーフィン、SNS、ショッピングなど。

その中でも、最も回線速度を必要とするのが動画を見ることです。

逆に言えば、動画を快適に見ることができる速度なら、他のこともストレスなくできるということになりますね。

そこで、動画を快適に見るために回線速度はどのくらい必要なのか、WiMAXでそのくらいの速度は出るのか、書いていきたいと思います。

動画を快適に見るために必要な速度

YouTubeを快適に見るためには、低画質(360p)でだいたい0.5Mbps以上、高画質(720p)で2Mbps以上、最高画質(1080p)で3.5Mbpsが必要と言われています。

WiMAXは、プロバイダーが公表している数値では、下り最大40Mbps、WiMAX2+だと110Mbps、さらにキャリアアグリゲーションを使えば220Mbpsの速度が出るとなっています。

ですが、これは「ベストエフォート」と呼ばれる理論値なので、実際にこの速度が出ることはまずありません。

では、実際にどの程度の速度が出るかというと、エリア内ならばだいたい10Mbps前後の速度が出ることが多いです。YouTubeの最高画質に必要なのが3.5Mbpsなので、複数人で同時に使っても全然問題無いですね。

ここで心配なのは、例えば自宅や外出先のよく行くカフェなど、WiMAXを使いたいと思っている場所が提供エリア内かどうかということだと思います。

それはWiMAX公式サイトで調べることができます。

WiMAX サービスエリアマップ

どうしても不安な人は、Try WiMAXというWiMAX15日間無料お試しキャンペーンで試してみると良いと思います。

Try WiMAXで15日間のWiMAXお試し体験をしてみよう

WiMAXは通信量無制限

インターネット上での動画視聴を楽しむのに、WiMAXはとてもおすすめです。なぜなら、先程述べたように十分高速な回線速度が得られることに加えて、WiMAXはどれだけネットを使っても帯域制限が無いんです。

iPhoneのテザリングやLTEは、通信量の制限がありますよね。動画視聴はかなり通信量が多いので、あっという間に帯域制限がかかってしまうということはよくあると思います。

ただし、これはよく誤解されているのですが、WiMAXは全てのモードで通信量無制限なわけではありません。

まず、根本的なことですが、WiMAXの種類として「WiMAX」と「WiMAX2+」があります。

なにが違うのかと言うと、「WiMAX」は遅いが無制限で使える回線です。「WiMAX2+」は「WiMAX」の回線も使うことができ、さらに高速なWiMAX2+専用の回線も使うことができます。

そして、現在「WiMAX」の新規契約は終了しています。今後はWiMAX2+に一本化していくということです。

WiMAX2+を契約すると、3つのモードが使えるようになります。

1つは「ノーリミットモード」。どれだけ使っても通信速度制限がかからないモードです。速度は下り最大40Mbpsで、十分に高速です。

2つ目は「ハイスピードモード」。下り最大220Mbpsという超高速回線が使えるモードです。ただし、このモードでは月7GBを超えると帯域制限がかかってしまうので、ノーリミットモードで十分なら普段はそちらを使いましょう。

「UQ Flat ツープラス ギガ放題」など、ハイスピードモードが無制限で利用できるプランも有ります。

3つ目は「ハイスピードプラスエリアモード」。WiMAX2+に加えて、LTE回線も利用できるようになるモードです。ただし、月に1,005円のオプション料がかかります。こちらはあくまでオプションと考えましょう。

まとめると、通常プランで通信量無制限なのはノーリミットモード使用時だけとなります。

あるいは、UQ ギガ放題などのプランに加入すると、ハイスピードモードも無制限で使えるようになります。

おすすめのWiMAXプロバイダー

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

スマートフォンをWiMAXでネットにつないで料金節約!

NO IMAGE

旅行や出張先でインターネットを使う方法

NO IMAGE

WiMAXのクレードルとは?絶対必要なもの?クレードルが無料のキャンペーン

NO IMAGE

Try WiMAXで15日間のWiMAXお試し体験をしてみよう

NO IMAGE

自宅のネット回線をWiMAXに一本化して料金節約!

NO IMAGE

賃貸アパートでインターネットを安く使うにはWiMAXがおすすめ