WiMAXのクレードルとは?絶対必要なもの?クレードルが無料のキャンペーン

クレードルとは何か

まず、クレードルとは何なのか、説明したいと思います。

クレードルとは、WiMAX端末を充電するためのスタンドです。また、クレードルを使用することによって、無線LAN接続だけでなく有線LAN接続もできるようになります。

もし使っているパソコンが無線LANに対応していないタイプだったとしても、クレードルを使えばインターネットにつなぐことができます。

使っているパソコンが有線LAN接続しかできないタイプなら、クレードルは必須のアイテムです。

クレードルは必要?

無線LANしか使わない人にとっては、クレードルは絶対に必要なアイテムというわけではないですが、あると結構便利です。

クレードルにWiMAXを置いておくだけで充電できるので、電源をオンオフする必要がなくなります。小さい電源コードを探して、いちいち抜き差しする必要もなくなります。

また、クレードルを使うと、WiMAXを立てて置けるので、電波が入りやすくなります。

クレードルは必要不可欠というわけではないですが、あるとかなり便利なので、是非手に入れておきましょう。

クレードルを無料でもらえるプロバイダがある?

契約時に、クレードルを無料でもらえるプロバイダがあります。例えば、GMOとくとくBBもその一つです。

しかし、WiMAXのプロバイダを選ぶ際に重要なのは、クレードルが無料になるかどうかではありません。月額料金やキャッシュバック額等、他の料金をトータルで見て安いかどうかです。

例えば、以下の2つのようなプロバイダがあったとしましょう。

  • クレードル:無料 キャッシュバック:10,000円
  • クレードル:3,000円 キャッシュバック:30,000円

上のプロバイダはクレードルが無料だけど、キャッシュバックを10,000円しかもらえません。下のプロバイダは、クレードルが3,000円しますが、キャッシュバックを30,000円もらえます。

下のプロバイダのほうが明らかに得ですよね。

そんなわけで、安くWiMAXを契約したいなら、クレードルが無料になるかどうかではなく、クレードル代金を含めてトータルで安くなるかどうかを見ましょう。

最もお得にWiMAXを契約する方法

WiMAXを契約する際、まず最初にどのプロバイダを選ぶか決めなくてはなりません。

プロバイダ選びに重要なポイントは、以下の2点です。

  • 料金が安いこと
  • 面倒な手続き等が少ないこと

当たり前ですが、料金は安いほうが良いですよね。高い方が良いなんて人はいないと思います。

次に、面倒な手続きが少ないこと。携帯電話の契約を思い出してもらえればイメージしやすいかもしれませんが、よくわからない手続きが必要だったり、料金プランがごちゃごちゃしていてわかりづらかったりしませんでしたか?WiMAXも同じように、手続きが面倒なことがあります。

WiMAXのプロバイダを比べるときに大事なのは、以上の2つだけです。

「あれ?通信速度が違ったりはしないの?」と思う人もいるかもしれません。じつは、WiMAXは通信速度はどのプロバイダを選んでも変わらないのです。

通信速度が変わらないなら、なるべく料金が安いプロバイダを選んだ方が良いです。同じ商品が違う値段で売られているようなものなのです。

WiMAXプロバイダ料金比較

WiMAXプロバイダ22社の料金をまとめてみました。

順位

プロバイダ名

月額料金

初期費用

キャッシュバック

端末代

2年間総費用

備考

1

GMOとくとくBB(キャッシュバックプラン)

4,263

3,000

33,000

0 

68,049

2

DTI WiMAX

4,300

3,000

29,000

0

72,900

3

3WiMAX

4,330 

3,000 

28,000 

0 

74590

4

So-net WiMAX

4,180 

3,000 

20,000 

0 

79140

5

BIGLOBE WiMAX

4,380 

3,000 

20,000 

0 

83740

6

GMOとくとくBB(月額割引プラン)

3,553

3,000

0

0 

84719

7

PEPABO WiMAX

3,609 

3,000 

 0

0 

86007

8

Tiki Tiki

3,625 

3,000 

 0

0 

86375

9

novas WiMAX

4,380 

3,000 

10,000 

0 

93740

10

J-COM

4,113 

3,000 

 0

0 

97599

Broad WiMAX

3,411 

21,857 

 0

0 

100310

初期費用18,857 割引

nifty WiMAX

4,350 

3,000 

0

0 

103050

au

4,380 

3,000 

 0

0 

103740

ヤマダ電機 WiMAX

4,380 

3,000 

 0

1 

103740

ビックカメラ WiMAX

4,380 

3,000 

 0

1 

103740

ヨドバシ WiMAX

4,380 

3,000 

 0

1 

103740

エディオン WiMAX

4,380 

3,000 

 0

1 

103740

モバイルネクスト

4,380 

3,000 

 0

0 

103740

UQ WiMAX

4,380 

3,000 

 0

800 ~

103740

楽天

4,380 

3,000 

 0

0 

103740

GREEN WiMAX

4,723 

3,000 

 0

0 

111629

3ヵ月間 684 割引

ワイヤレスゲート

4,730 

3,000 

 0

1 

111790

実際は、最初の数ヶ月は月額料金割引が入ってくるので、この表の料金よりも少しやすくなります。

見ての通り、GMOとくとくBBがダントツで安いです。理由は、3万円以上の高額キャッシュバック。また、端末料金も無料です。

GMOとくとくBBで決まり?

最も料金の安いGMOとくとくBBが第一候補です。しかし、先ほどの「WiMAXプロバイダを選ぶ2つのポイント」を思い出して見てください。

WiMAXのプロバイダを選ぶ2つのポイント

  • 料金が安いこと
  • 面倒な手続き等が少ないこと

ポイントの2つ目、「面倒な手続きが少ない」という点に関してはどうでしょうか。

じつは、GMOとくとくBBを選ぶと一つ面倒なことがあります。それは、キャッシュバックの受け取り手続きをしなければならないということです。

そもそもキャッシュバックというのは、ユーザーが支払った料金の一部を、プロバイダがキャッシュバック(現金還元)してユーザーに返すというものです。

簡単に言えば、ユーザーがWiMAXを契約し、数ヶ月間料金を支払った後、プロバイダから現金をプレゼントされるというようなものです。

契約後すぐにキャッシュバックをもらえると思っている人がいますが、それは違います。そんなことしたら、ユーザーに持ち逃げされてしまいます・・・。

話が逸れました。GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取るには、受け取り手続きをしなければならないということです。これが少し面倒です。具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 契約から11ヵ月後に、GMOからキャッシュバックの案内メールが届く
  2. 案内メールに従い、銀行口座情報を入力する

以上で完了です。何も難しいところはありません。

しかし、一つ落とし穴があります。それは、案内メールが届いた翌月の末日までに手続きをしないと、キャッシュバックを受け取れなくなってしまうことです。

なので、メールを見落としてしまうとそのままキャッシュバックを受け取り損ねる危険性があります。これが面倒なところですね。

といっても、これさえできればキャッシュバックは問題なく受け取れます。「この程度の手間は許容範囲」という人は、GMOとくとくBBを選べば間違いないでしょう。

プロバイダ選びまとめ

もう一度WiMAXのプロバイダを選ぶ2つのポイントを載せておきます。

  • 料金が安いこと
  • 面倒な手続き等が少ないこと

GMOとくとくBBが最も安いプロバイダですが、キャッシュバックの受け取り手続きが少し面倒です。これを許容できる人は、GMOとくとくBBを選びましょう。

公式サイトをチェックする→GMOとくとくBB公式ページはこちら

「面倒な手続きはいやだ」と思っている人にもおすすめのプロバイダがあります。それは、GMOとくとくBBの月額料金割引プランです。

GMOとくとくBBは2種類の特典があります。

  • キャッシュバック
  • 月額料金大幅割引

料金が最安になるのはキャッシュバック特典を選んだ場合ですが、キャッシュバックがない代わりに、月額料金が大幅に割引されるプランもあります。

月額料金割引プランのほうを選べば、当然キャッシュバック受け取り手続きは不要です。キャッシュバックを受け取り損ねる心配もしなくてOKです。

面倒な手続きをしたくない人は、GMOとくとくBBの月額料金割引プランがおすすめですね。

公式サイトをチェックする→GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

なぜGMOはこんなに安いのか?

GMOとくとくBBは実店舗がありません。そのため、人件費・賃料をはじめとした経費を安く抑えることができます。

また、GMOとくとくBBは、WiMAXプロバイダのなかでも最大手のため、販売台数も多いです。大口で顧客を獲得できるため、UQ本家との交渉もしやすいのではないかと推測します。

他におすすめのプロバイダは?

GMOとくとくBB以外におすすめのプロバイダは、正直言ってありません・・・。

なぜかというと、WiMAXって通信速度・エリア・その他サービス等、どのプロバイダを選んでも全く変わらないからです。

であれば、料金が高いプロバイダをわざわざ選ぶ理由はありません。

料金以外の選ぶ基準は、「面倒くさくないか」ですが、これに関してはGMOとくとくBB月額割引プランを選べばOK。

最安プロバイダである「GMOとくとくBBキャッシュバックプラン」が最もおすすめで、面倒な手続きがいやな人は「GMOとくとくBB月額割引プラン」がおすすめです。

ギガ放題プランと通常プラン、どちらを選ぶ?

プロバイダが決まったあとは、通信プランを選びましょう。

月間データ量の上限がないギガ放題プランと、通信量が月7GBまでで料金が安い通常プランがあります。

どちらか迷っている人は、ギガ放題プランを選ぶことをおすすめします。

理由は以下の2つ。

  • 申し込みから2ヵ月間は料金割引され、通常プランと同じ料金に
  • プランはいつでも変更可能

契約から2ヵ月間は料金が割引され、ギガ放題プランは通常プランと同じ料金で使えます。なので、単純にギガ放題プランのほうが得ですね。

次に、プランはいつでも変更可能なので、「月7GB以上もいらないな」と思ったら、通常プランに簡単に変更できます。

これで損することなくプランを選ぶことができます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

旅行や出張先でインターネットを使う方法

NO IMAGE

スマートフォンをWiMAXでネットにつないで料金節約!

NO IMAGE

WiMAX2+ ギガ放題はただの値上げ?

NO IMAGE

賃貸アパートでインターネットを安く使うにはWiMAXがおすすめ

NO IMAGE

WiMAXでYouTubeなどの動画サイトは快適に見れるのか

NO IMAGE

自宅のネット回線をWiMAXに一本化して料金節約!