雨の日だとWiMAXが繋がりにくくなるって本当?

先日、「雨の日だとWiMAXが繋がりにくくなる」ということを友人が話していました。私自身はそんなことを感じたことはないのですが、ネットで検索してみると同じように感じる人が多くいるようです。そこで、雨の日にWiMAXが繋がりづらくなることは本当にあるのか、調べてみました。

周波数の高い電波は雨によって弱くなる

電波の性質は周波数によって違いがあるそうです。

低い周波数は、遠くまで届く性質があります。なぜかというと、周波数の低い電波は波長が長いので、山やビルなどの障害物があっても回りこんでその先まで届きます。雨や霧に影響されることも少ないです。

このような低い周波数の電波は、船や航空機の通信用に使われているそうです。しかし、遠くまで電波が届きやすい反面、伝送容量はあまり大きくありません。

WiMAXの話に戻りますが、WiMAXは周波数が高く、波長の短い電波を使用しています。このような電波は、ビルなどの障害物があると回り込まずに跳ね返ってしまいます。また、雨で電波が弱まってしまうそうです。

部屋の中だとWiMAXがつながりづらいことはよくありますが、これは電波が部屋の中まで入ってこれずに跳ね返ってしまうためです。ただ、これには解決策があって、窓際にルーターを置いておくとかなり改善します。また、最近どんどんWiMAXのエリアが拡大し、もともとの通信速度が高速化してきているので、これはあまり気にならなくなってきています。

というわけで、WiMAXのような波長の短い電波は雨に弱いということは事実です。

しかし、私はあまり実感したことがありません・・・。携帯電話などもWiMAXと同じように波長の短い電波ですが、雨の日に通じにくいということはないです。

例えばの話ですが、ネットを高速に使うのに必要な速度が5Mbpsだとして、普段WiMAXで出る速度が20Mbpsだとしたら、それが雨で弱まって18Mbpsになったとしても、違いを感じることはできないのではないでしょうか。

おそらく、「雨でWiMAXが遅い」と感じるシチュエーションは、ネットを快適に使うのに必要な速度が5Mbpsだとして、普段WiMAXで出る速度が5Mbpsというときだと思います。普段ぎりぎりの速度しか出ていない時は、雨で電波が弱まると速度の低下を感じるのでしょう。

WiMAXは場所によって速度が変わるのでなんとも言えないですが、私がWiMAXを使っている自宅やカフェではかなり余裕のある速度が出ているので、雨の日でも速度低下を感じないのだと思います。

WiMAX料金比較ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

旅行や出張先でインターネットを使う方法

NO IMAGE

WiMAXのクレードルとは?絶対必要なもの?クレードルが無料のキャンペーン

NO IMAGE

GMOとくとくBBの解約方法

NO IMAGE

賃貸アパートでインターネットを安く使うにはWiMAXがおすすめ

NO IMAGE

Try WiMAXで15日間のWiMAXお試し体験をしてみよう

NO IMAGE

スマートフォンをWiMAXでネットにつないで料金節約!