GMOとくとくBBの安心サポートが不要な理由と解約方法を解説!


GMOとくとくBBを契約したいんだけど、『安心サポート』『安心サポートワイド』って必要なの?

結論を言ってしまうと、『安心サポート』と『安心サポートワイド』は不要なんだ。今回は、お金を損せずに『安心サポート(ワイド)』を解約する手順を解説するよ。

でも、『安心サポート』に入らないと、端末が故障したときに心配だなあ・・・

そんな人のために、端末が故障したときにどうすればよいか?ということも解説するよ。

GMOとくとくBBの『安心サポート』と『安心サポートワイド』とは?



まずは、GMOとくとくBBの『安心サポート』と『安心サポートワイド』の内容について解説します。

GMOとくとくBBは2種類の端末保証オプションを用意しており、それが『安心サポート』と『安心サポートワイド』です。

  • 安心サポート:月額300円
  • 安心サポートワイド:月額500円。高額な代わりに保証範囲が広い

結論を言ってしまうと、GMOとくとくBBの『安心サポート』と『安心サポートワイド』はどちらも加入する価値はありません。先に『安心サポート(ワイド)』を外す方法を見たいかたはこちらをクリックしてください→(『安心サポート』解約手順

『安心サポート』とは、月額300円を支払うことにより、WiMAX端末が故障した際の修理代金が無料になるオプションです。

とはいえ、『安心サポート』はどんな場合でも修理対象になるわけではありません。『外部損傷、水濡れ、全損』の場合は修理対象になりません。

例えば、地面に落として壊してしまったり、水に濡らして壊れてしまった場合などは、保証対象になりません。自費で修理することになります。

これ、実はメーカー保証と同じ内容なんですよね・・・。メーカー保証というのは、特に保証に加入しなくてもWiMAX端末を購入したときについてくる保証です。保証期間は1年以内。

つまり、『安心サポート』に加入しなくても、同じ内容の保証が最初からついてるわけです。よって、『安心サポート』の利用価値はほぼ0と言って良いでしょう。

『安心サポートワイド』は?

『安心サポートワイド』は、月額500円のオプションです。『安心サポート』よりも月200円高額になる代わりに、保証範囲が広がります。

具体的には、『外部損傷、水濡れ』も保証範囲になります。

例えば、地面に落として壊してしまったり、水に濡らして故障してしまったような場合でも、無償修理の対象になります。

『安心サポート』の利用価値がほぼ0であることは先ほど書きましたが、こちらの『安心サポートワイド』は利用価値がなくはないです。

WiMAX端末を自費で修理する場合、修理代金は5,000円以上かかります。修理が不可能で交換しなければならない場合、19,000円かかってしまいます。

『安心サポートワイド』に加入していれば、これらの代金が0円になります。

『安心サポートワイド』にも加入しないほうが良い理由

『安心サポートワイド』に入っておいた方が安心に思えるかもしれませんが、じつは『安心サポートワイド』にも加入しないほうが良いです。

理由は以下の2つです。

  1. 料金が高すぎる(2年間で11,200円)
  2. そもそもWiMAX端末はあまり壊れない

理由その1 料金が高すぎる

『安心サポートワイド』の料金は月500円です。WiMAXの契約期間は2年間なので、2年間使うとすると11,200円になります。(最初の2ヶ月は割引料金)

WiMAX端末が故障せず2年間使えてしまった場合、この11,200円は丸々損してしまいます。

また、例えばWiMAX端末が故障し、修理対応になったとしましょう。修理代金は5,000円でしたが、『安心サポートワイド』のおかげで無償修理になりました。これは得でしょうか?

『安心サポートワイド』の料金は2年間で11,200円なので、仮に修理代金5,000円がタダになったとしても、差額の6,200円は損してますよね。

理由その2 そもそもWiMAX端末はあまり壊れない

アンケートをとって調べたわけではないので正確にはわかりませんが、そもそもWiMAX端末は故障しづらいという感覚があります。

WiMAX端末は、スマートフォンのように1日何時間も触るようなものではないです。充電のためにコードを抜き差ししたり、簡単な操作をしたりする以外は、テーブルの上やカバンの中にしまわれていることがほとんどです。

スマートフォンは歩きながら使ったりすることもあるので、落として壊したり、水に濡れて壊れたりするリスクがありますが、WiMAX端末はそういった可能性は低いでしょう。

  1. 料金が高すぎる(2年間で11,200円)
  2. そもそもWiMAX端末はあまり壊れない

この2つの理由で、『安心サポートワイド』に加入するのはおすすめできません。

とはいえ、利用価値が全くないわけではありません。例えば、WiMAX端末の損傷がひどく、修理不可能で交換するしかないような場合、19,000円の交換料金がかかってしまいますが、『安心サポートワイド』に加入していれば0円になります。

この場合、19,000円-11,200円(『安心サポートワイド』2年間の料金)=7,800円得になります。

しかしながら、通常の修理代金であれば5,000円程度なので、『安心サポートワイド』の料金(11,200円)のほうが高くなってしまうこと、そもそもWiMAX端末が壊れづらいことを考えると、やはり加入することはおすすめできません。


『安心サポート』や『安心サポートワイド』に加入すると、損をする可能性が高いんだね。

その通り。それでは、GMOとくとくBBを契約し、『安心サポート』を解約する手順を説明するよ。

『安心サポート』を解約する手順

GMOとくとくBBでWiMAXを契約し、『安心サポート』を解約する手順を紹介します。

じつは、GMOとくとくBBでWiMAXを契約するときに、『安心サポート』か『安心サポートワイド』のどちらかに加入する必要があります。なので、一度『安心サポート』に加入し、WiMAXを契約してから、『安心サポート』を解約するという手順を踏みます。

といっても、この記事で紹介する手順を踏めば10分もかからずWiMAXの契約と『安心サポート』の解約ができますし、余計な料金も支払わずに済むのでご安心を。少々面倒ですががんばってください。

もし解約し忘れてしまった場合、1万円以上損する可能性があるので気をつけてください。

  1. GMOとくとくBB公式サイト(GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~
    )から申し込む
  2. 端末・料金プランを選択します。
  3. ちなみに、端末はW04、料金プランはギガ放題がおすすめです。

  4. 『安心サポート』オプションにチェックを入れます。
  5. 『Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション』にチェックを入れます。
  6. このオプションも、じつは不要なものですが、契約時に加入する必要があります。『安心サポート』と一緒に解約しましょう。

  7. 氏名、住所、カード情報、メールアドレス等を入力し、WiMAX契約完了。

以上がGMOとくとくBBでWiMAXを契約する手順です。このあと、『安心サポート』オプションと『Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション』を解約していきます。

『安心サポート』と『Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション』を解約する手順

それでは、『安心サポート』と『Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション』を解約していきましょう。

といっても、契約後すぐに解約することはできません。解約できるのは、『端末が発送された月の翌月以降』です。なので、忘れないようにする必要があります。

『安心サポート』と『Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション』は、2ヶ月間は0円なので、2ヶ月以内に解約すれば余計な料金はかかりません。

解約手順は以下です。

  1. GMOとくとくBB会員ページ(BBnavi)に会員IDとパスワードを入力し、ログイン
  2. メニュー左上の「現在ご利用中のサービス確認」をクリック
  3. 「接続サービス」欄にある『安心サポート』をクリック
  4. 「変更メニュー」欄にある「変更」ボタンをクリック
  5. 確認画面が表示されるので、「申し込み」ボタンをクリック

以上で解約が完了です。

「端末修理保証サービスは、一度解約すると再度申し込みはできません」と言われますが、不要なので解約しましょう。


以上でGMOとくとくBBでWiMAXを契約し、『安心サポート』を解約する手順は終わりだよ。

うーん、結構面倒くさいね・・・。

まあ、WiMAXのプロバイダはどこもこんな感じで面倒な作業が必要だったりするんだよね。最安でWiMAXを利用できるのはGMOとくとくBBだから頑張ろう。

あ、そういえば、『安心サポート』を解約しちゃったあと、端末が故障したらどうするの?

それじゃあ、WiMAX端末が故障してしまったときの対処法を説明するよ。

もしWiMAX端末が故障してしまったら?

WiMAX端末が故障してしまった場合、対処法は以下の2つあります。

  1. auショップで修理してもらう
  2. ヤフオク等で中古端末を買う

auショップで修理してもらう

じつは、WiMAX端末はauショップで修理受付してもらえます。

auショップは全国2,500店舗あるらしいので安心ですね。

修理の流れとしては以下のような感じになります。

  1. auショップに持込みます。
  2. WiMAX端末が修理工場へ送られます。その間は無料で代替機を貸してもらえます。
  3. 無償修理の範囲内であれば無料、有料になる場合は修理するか否か聞かれます。

WiMAXの修理中は、代替機を貸してもらえるので便利ですね。もちろん無料です。

修理代金は安くても5,000円程度かかるようです。ちなみに、「有料修理になるならやっぱり修理しない」ということも可能です。その場合でも、代替機は無料で貸してもらえるので、とりあえずWiMAX端末が故障したらauショップに持ち込むのが良いと思います。

なんでauショップで修理してもらえるの?

これは余談なので興味のない方は飛ばしてください。

なんでWiMAX端末がauショップで修理してもらえるのでしょうか?

WiMAXはUQコミュニケーションズという会社が運営しています。GMOとくとくBBは、UQコミュニケーションズに回線設備等を借り、WiMAXサービスを行なっています。GMOとくとくBBのように他社に回線設備を借り、モバイル通信事業を行なっている事業者のことをMVNO(仮装移動体通信事業者)と言います。

UQコミュニケーションズはKDDIが100%出資した子会社なので、auショップでWiMAX端末の修理受付を行なっています。

ヤフオク等で中古端末を買う

修理するよりも、ヤフオクやメルカリで中古端末を買ったほうが安かったりします。例えば、WX03という端末は4,000円~5,000円前後で取引されています。

定価は19,000円なので、かなり値下がりしてますね。といっても、WiMAX端末はGMOとくとくBBをはじめとした多くのプロバイダで契約時に0円でもらえるのですが。

WiMAXは解約したら端末は不要になってしまうので、このように売りに出す人が多いのかもしれません。


auショップで修理してもらえるんだ、便利だね。

うん、それに中古端末も安く手に入るしね。

まとめ

  • 『安心サポート』と『安心サポートワイド』が不要な理由
  • 『安心サポート』を解約する手順
  • もしもWiMAX端末が故障したら?

以上の3点についてお話ししました。

『安心サポート』は落下や水濡れが保証範囲外なので利用価値なし、『安心サポートワイド』は料金が高すぎるのでこちらも利用価値は低いと思います。

もし故障しても、修理してもらうか中古端末を買ったほうが安く済みますしね。

そもそも、WiMAX端末は故障する可能性が低いと思います。

そんなわけで、GMOとくとくBBでWiMAXを契約したあとは、『安心サポート』を解約するのがおすすめです。

WiMAX申し込みはこちらのリンクからどうぞ↓



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。