【2015年2月版】UQ WiMAXの料金・キャンペーンを詳細レビュー

WiMAXを提供するプロバイダーはたくさんありますが、その中でも「本家」プロバイダーはUQ WiMAXだけなんです。

なぜかというと、WiMAXに使われる無線を取り扱う免許を持っているのがUQコミュニケーションズだけなので、他のプロバイダーはUQから設備を借りてWiMAXのサービスを提供しています。

こういった方式はMVNOと呼ばれています。詳しくはこちらの記事で解説しています。→ MVNOとは。MVNOなら速度が同じって本当?

今回は、

  • UQ WiMAXの料金
  • キャンペーン
  • プラン比較
  • 他プロバイダーとの比較

について詳しく解説します。

UQ WiMAXの料金

料金の種類としては、

  • 初期費用
  • 端末代金
  • 月額料金
  • 違約金

の3つです。

初期費用

初期費用は3,000円です。

端末代金

一番安い端末だと1円ですが、最新端末+クレードルセットだと4,800円もかかってしまいます。

端末代金を一覧にしてまとめておきます。

  • URoad-Stick: 1円
  • HWD15: 800円
  • HWD15 クレードルセット: 2,800円
  • W01: 2,800円
  • W01 クレードルセット: 4,800円

定価は20,000円以上するのでお得に見えるかもしれませんが、他のプロバイダーだと端末代金は0円ということも普通にあるので、ちょっと割高です。

月額料金

UQ WiMAXは2つのプランを用意しています。「UQ Flatツープラス」と「UQ Flatツープラス ギガ放題」の2つです。

UQ Flatツープラス

月々7GBまでの通信量制限がある代わりに、料金が割安なプランです。

月額料金は25ヶ月間500円割引されて、3,696円です。

UQ Flatツープラス ギガ放題

通信量が無制限のプランです。月額料金は4,380円です。

現在はキャンペーン期間中なので、契約から3ヶ月間は月額3,696円で使うことができます。

プランはいつでも変更可能

ツープラスと、ツープラスギガ放題の2つのプランがありますが、この2つのプランは月単位で変更できます。例えば、最初はツープラスギガ放題で契約したけど、思ったよりも通信量を消費しなかったから次の月からツープラスに変えたい、といったことが可能です。

ツープラスギガ放題は、契約してから3ヶ月間はツープラスと同じ月額3,696円で使うことができるので、最初はギガ放題で契約して、後からツープラスに変更する(あるいはギガ放題のまま使う)という方法が一番良いと思います。

キャンペーン

UQ WiMAXは商品券プレゼントキャンペーンを行っています。

商品券の額は選ぶ端末によって異なります。W01を選ぶと5,000円相当、HWD15かURoad-Stickを選ぶと10,000円の商品券がもらえます。

それから、WiMAXのマスコットキャラクターであるブルーガチャムクプランケットももらえるようです。

キャンペーン内容は以上です。

他プロバイダーとの比較

UQ WiMAXの料金やキャンペーン内容について書いてきました。この記事を読んで、UQ WiMAXはお得と思われましたか?割高だと思われましたか?

実は、UQ WiMAXは割高なプロバイダーなんです。

【毎月更新】WiMAX料金比較ランキングを見ていただくとわかるのですが、最安値のGMOとくとくBBだと、2万円以上のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

UQ WiMAXでも5,000円〜10,000円の商品券プレゼントキャンペーンを行っていますが、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンと比べると大きな差があります。

端末代金を見ても、UQ WiMAXだと最新端末+クレードルセットで4,800円かかりますが、GMOとくとくBBでは0円です。

したがって、UQ WiMAXで契約するのはあまり得策とはいえません。

回線速度などの差

「本家プロバイダー」ということでUQ WiMAXを選びたい、と思った人もいるかもしれません。

たしかに、なんとなく安心感があるし、通信速度や回線のつながりやすさは、他のプロバイダーよりもUQ WiMAXの方が上じゃないの?と思っている人がなぜか多いです。

意外と知らない人が多いのですが、WiMAXってどのプロバイダーで契約しても速度やつながりやすさは全く一緒なんです。

なぜかというと、先程も少しお話しましたが、WiMAXは本家プロバイダー(UQ)が他のプロバイダーに通信設備を貸し出すという方式で運用されているからです。

なので、単純に安いプロバイダーを選ぶのが良いと思います。

なぜ本家プロバイダーであるUQ WiMAXのキャンペーンがあまり充実していないかというと、推測ですが通信設備を他社に貸し出すことによる利益が大きいので、あまり自社でユーザーを獲得することに熱心ではないのだと思います。

まとめ

UQ WiMAXはちょっと割高なプロバイダーなので、他のプロバイダーを検討することをおすすめします。

WiMAXプロバイダーの選び方、料金比較はこちら→【毎月更新】WiMAX料金比較ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

エディオン WiMAX2+を詳細レビュー

NO IMAGE

ヨドバシ WiMAX2+の詳細レビュー

NO IMAGE

タブレットプレゼントキャンペーンを行っているプロバイダー一覧

NO IMAGE

GMOとくとくBBのNexus7キャンペーンを申し込む前に知っておくべきこと

NO IMAGE

ビックカメラ BIC WiMAX2+を詳細レビュー

NO IMAGE

ケーズデンキ KT WiMAX2+を詳細レビュー