URoad-Stick詳細レビュー

USBスティック型のWiMAX端末、URoad-Stick。現在はモバイルルーター型を選ぶ方が多いですが、実はUSB型のURoad-Stickにもメリットがあります。

USB型のURoad-Stickはどんな特徴を持っているのか?メリット・デメリットと合わせて紹介します。

URoad-Stickの概要

  • 発売日: 2015年1月9日
  • USBタイプ
  • 製造元: シンセイコーポレーション
  • 対応ネットワーク: WiMAX2+, WiMAX

発売日が2015年と新しい

WiMAX端末はルーター型を選択する人が多いですが、その中でUSB型のURoad-Stickが発売されたということは、一定の需要があるということです。

では、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

Uroad-Stickのメリット

  • 充電の必要がない
  • セキュリティの問題
  • 使い方が超簡単

充電の必要がない

Uroad-Stickはパソコンに挿して使用するUSB型の端末なので、電源はパソコン内から供給を受けます。

したがって、ルーター型端末のように電池切れの心配がありません。

パソコンで使うなら、ルーター型よりUSB型のほうが使い勝手が良いかもしれません。

セキュリティ

ルーター端末の場合、もしパスワードが漏れれば誰でも自分の端末から回線を使うことができてしまいます。

USB型なら回線を使えるようになるのは接続している機器だけなので、そういったリスクはありません。

使い方が超簡単

USB型の端末は超簡単に使えます。URoad-Stickかんたん設定マニュアルを見ていただけるとわかるのですが、使い方は「URoad-Stickをパソコンに差しこむだけ」です。

ルーター端末だとパスワードを確認する必要があるので、少し使い方がややこしいかもしれません。Uroad-Stickは簡単に使えるので、初心者の方にも安心です。

長時間使用時に電波が安定する

ルーター型端末は長時間使用を想定されたものではないため、家で固定回線のように使っていると、一ヶ月に一度ほど調子が悪くなることがあるようです。

URoad-Stickは常にパソコンに挿しっぱなしで使うことを想定されているので、そのようなことは少ないようです。また、直刺しで使うため、ルーター型よりも電波が安定することが多いようです。

Uroad-Stickのデメリット

  • 同時に接続できるのは一台のみ
  • キャリアアグリゲーションが使えない

同時に接続できるのは一台のみ

Uroad-Stickを使ってネットワークに接続できる機器は、同時に一台のみです。

ルーター型の端末なら、同時にパソコン、タブレット、スマートフォン等の端末を接続することができるのですが、Uroad-Stickの場合は、1つの端末しか接続することができません。

同時にいくつもの機器を使いたい人は、ルーター型の端末を選んだほうがよいと思います。

WiMAXのルーターを比較

キャリアアグリゲーションが使えない

キャリアアグリゲーションとは何かというと、同時に複数の電波を使用することでさらに通信を高速化する技術です。

URoad-Stickは、キャリアアグリゲーションに対応していません。キャリアアグリゲーションを使えなくても十分高速インターネットを使えるので、URoad-Stickを選んでも良いと思いますが、キャリアアグリゲーションを使いたいならルーター型端末のW01しか選択肢がありません。

W01とHWD15をNAD11の違い

まとめ: URoad-Stickはこんな人におすすめ

こんな人にURoad-Stickはおすすめです。

  • 充電するのが面倒
  • パソコンでしか使わない
  • 安定したネット回線を得たい
  • 設定が不安な初心者

逆に、以下の様な人にはURoad-Stickはおすすめしません。

  • 複数の機器を同時に使いたい
  • タブレットやスマートフォンを接続したい

URoad-Stickを購入するには?

どのWiMAX端末を選ぶか決まりましたか?ルーター型の端末ならどのプロバイダーでも取り扱っているのですが、URoad-StickはUQ WiMAXでしか取り扱いがありません。

そのため、URoad-Stickを使いたいならUQ WiMAXと契約する必要があります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。