2017年3月WiMAXプロバイダ比較完全版。どこよりもわかりやすく解説します!

トップページ画像

「WiMAXを契約したいけど、どのプロバイダを選べば良いのかわからない」このサイトでは、そんな人のためにWiMAXプロバイダの選び方を詳しく解説します。

  • 一番安いプロバイダが知りたい
  • 多少割高でも良いから、手間がかからないプロバイダが知りたい
  • プラン・端末・オプションの選び方が知りたい

この記事では、そういった疑問に全て答えていきます。

最も満足度の高いモバイルデータ通信サービス

WiMAXは2017年現在、最もユーザーの満足度・人気が高いモバイルデータ通信サービスです。その理由は、高速な通信速度、広範囲なエリア、速度制限をほぼ気にせず使える、といったことが挙げられます。

  • 超高速な通信速度 最大440Mbps
  • 広いサービスエリア
  • 使い切れないほど余裕のある通信量設定

他のモバイル回線や、スマホの通信サービスだと、通信量制限が気になったり、速度が遅いといったストレスがありますよね。

しかし、WiMAXは通信量にかなり余裕があるので、ほとんどの人は速度制限を気にせず使えるでしょう。

そんなわけで、WiMAXは人気・満足度No.1のモバイルデータ通信サービスになってます。ITニュースメディアのRBB TODAYによるモバイルアワード2016では、WiMAXが最優秀賞に選ばれています。

WiMAXプロバイダを選ぶ3つのポイント

WiMAXを契約したいと思ったら、WiMAXのプロバイダを選ばなければなりません。

初心者にとっては、WiMAXの料金やキャンペーンは、ごちゃごちゃしていてわかりづらいと思います。どういう観点でプロバイダを比較すれば良いのか全くわからない人が多いでしょう。

また、一概に「絶対にこのプロバイダが良い!」と言えるものではありません。とにかく安いプロバイダを選びたい人もいるでしょうし、少し割高でも良いからサービスが充実しているプロバイダが良いという人もいるでしょう。どのプロバイダを選ぶのが良いかは、人それぞれです。

そんなわけで、この記事では、ユーザーのタイプ別におすすめのプロバイダを紹介していきます。

じつは、WiMAXのプロバイダを選ぶポイントはたった3つだけです。この3つのポイントを知っていれば、あなたにとって最適なプロバイダが選べます。

ポイント1:WiMAXの通信速度はどのプロバイダを選んでも同じ

じつは、WiMAXの通信速度はどのプロバイダを選んでも全く同じです。通信速度どころか、通信エリア・端末・通信量等、すべて同じです。

WiMAXはMVNOという形式でサービスを運営しています。WiMAXの回線を保有しているUQコミュニケーションズという会社が、他のプロバイダにWiMAXの回線を貸し、その回線をプロバイダ各社が利用することによってWiMAXというサービスを行なっています。

ざっくり言うと、どのプロバイダを選んでも中身は一緒ということです。

ポイント2:WiMAXの料金比較

どのプロバイダを選んでも通信速度が変わらないなら、なるべく安いプロバイダを選んだ方が得に決まってます。そんなわけで、WiMAXを選ぶには料金比較が最も重要になってきます。

WiMAXのプロバイダは20社以上あり、最も料金が安いプロバイダと高いプロバイダを比較すると3万円以上の差があります。(利用期間2年間で比較)

そんなわけで、WiMAXプロバイダ全21社の料金を比較してみました。

スクリーンショット 2017-02-10 13.29.27

スクリーンショット 2017-02-10 13.40.08

料金プランは全てギガ放題プランで比較しています。(後述しますが、WiMAXの料金プランは2種類あります。)ギガ放題プランがないプロバイダはここでは省略しました。

料金を比較するときに大事なのは2年間の総費用で比較することです。WiMAXの契約期間は2年間だからです。月額料金・初期費用等を全て足し合わせ、キャッシュバック等の割引を引くと2年間の総費用が計算できます。

white_1280_320のコピー

料金比較表を見て分かる通り、GMOとくとくBBのキャッシュバックプランはUQ WiMAXよりも38,000円以上安いという驚異の安さです。人気のプロバイダ、Broad WiMAXと比べても14,000円以上安いですね。

2017年3月現在、最も安くWiMAXを使いたいならGMOとくとくBBを選んで間違いありません。

ポイント3:キャッシュバックを受け取る手続きの面倒さ

最も安いプロバイダは、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンということがわかりました。

キャッシュバックキャンペーンとは何かというと、ユーザーが支払った料金の一部が現金還元されて返ってくるという特典です。

white_1280_960のコピー

キャッシュバックというのは、「自分が払ったお金の一部が返ってくる」というものなので、当然、契約してからすぐにお金がもらえるわけではありません。

GMOとくとくBBの場合は、大体12ヶ月後くらいですね。

キャッシュバックを受け取るためには、キャッシュバックを受け取れる月になってから手続きをする必要があります。具体的な手続きは以下のような感じです。

  • 契約時に、GMOとくとくBBから専用のメールアドレスがもらえる
  • キャッシュバック受け取り月の直前(大体11ヶ月後)になると、そのメールアドレスに「口座情報登録メール」が届く
  • 「口座情報登録メール」から、キャッシュバックを受け取るための口座情報等、必要事項を入力する
  • キャッシュバックが口座に振り込まれる

GMOとくとくBBキャッシュバックの落とし穴 その1

white_1280_960のコピー2
GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取る落とし穴その1は、「口座情報登録メール」が届くのは普段あなたが使ってるメールアドレスではなく、GMOとくとくBBとの契約時にもらえるメールアドレスということです。

このメールアドレスは普段チェックしないものなので、当然、見落とす可能性があります。

GMOとくとくBBキャッシュバックの落とし穴 その2

落とし穴の2つ目は、「キャッシュバック受け取り月」を過ぎてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまうことです。

つまり、キャッシュバックを受け取る手続きを忘れて1ヶ月経ってしまうと、33,000円が水の泡です。

結局、どのプロバイダを選ぶべき?

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを選べば最も安くWiMAXを利用できることは間違いありませんが、うっかりキャッシュバックを受け取り損なうリスクがあります。

しかし、逆に言えば、キャッシュバックの受け取り手続きをしっかりできる人は、GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンを選ぶのが最も良いでしょう。

「キャッシュバックの受け取り手続きがしっかりできるか不安」という人は

「キャッシュバックの受け取り手続きがしっかりできるか不安」「手続きが面倒」という人は、GMOとくとくBBの月額割引プランがおすすめです。

GMOとくとくBBの月額割引プランは、キャッシュバックがない代わりに、月々の料金が割安になったプランです。

キャッシュバックキャンペーンと比較すると、2年間で〇〇円ほど割高になってしまいます。しかし、キャッシュバックキャンペーンと違い、確実に割引が受けられるというメリットがあります。

割高と言っても、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを除くと、全プロバイダ中最も安いプロバイダです。

キャッシュバックの受け取り手続きがしっかりできる自信がない人や、面倒なことが嫌いな人は、GMOとくとくBB月額割引プランがおすすめです。

プロバイダの選び方 まとめ

プロバイダを選ぶポイント

  • WiMAXのプロバイダはどれを選んでも通信速度・回線の品質等は全く同じ
  • そのため、単純に安いプロバイダを選ぶのがお得
  • 最も安いのはGMOとくとくBBのキャッシュバックプラン
  • しかし、キャッシュバックを受け取る手続きが面倒というデメリットがある
  • キャッシュバック受け取り手続きがしっかりできる自信がない人はGMOとくとくBBの月額割引プランを、最安プロバイダにこだわりたい人はGMOとくとくBBのキャッシュバックプランがオススメ

あなたのタイプ別!おすすめプロバイダ

  • 最安プロバイダにこだわる人
  • キャッシュバックの受け取り手続きをしっかりできる自信がある人

→GMOとくとくBB キャッシュバックプランがおすすめ!お申し込みはこちら↓の公式ページから



  • キャッシュバックの受け取り手続きをしっかりできる自信がない人
  • 多少割高でもいいから面倒な手続きをしたくない人

→GMOとくとくBB 月額割引プランがおすすめ!お申し込みはこちら↓の公式ページから



GMOとくとくBBを契約する前に知っておくべきこと。プラン・端末・オプションの選び方について

どちらのプロバイダを契約するか決めることができましたか?

GMOとくとくBBを契約すると決めた人のために、プラン・端末・オプションの選び方について解説します。

  • プラン:ギガ放題か通常プランか
  • 端末(モバイルルータ)の選び方
  • オプション:安心サポート、Wi-Fiオプションの解約方法

ギガ放題プランか、通常プランか

WiMAXは、ほぼ全てのプロバイダで、ギガ放題プランと通常プランという2つのプランを用意しています。

この2つのプランの違いは、通信量と速度制限です。

ギガ放題プランは、基本的に通信量による速度制限はないものと考えてOKです。

混雑時かつ夜間のみ、3日間で10GB(つまり1ヶ月で100GB)の通信量を超えた場合、速度制限がかかることがあります。スマートフォンの通信プランだと、1ヶ月で7GBまでというのが一般的です。これを考えると、WiMAXの3日間で10GBという通信量を超えることは、まずありえないでしょう。

しかも、速度制限後もYouTubeで動画再生をできる程度の通信速度は保たれるので、ギガ放題プランは通信制限を全く気にしなくても良いプランになっています。

一方、通常プランは、一般的なスマートフォンと同じような月7GBまでの通信量制限があります。その代わりに、月額料金が700円ほど安いです。

  • ギガ放題:速度制限ほぼなし
  • 通常プラン:月7GBまでの制限あり その代わりに月額料金が700円安い

どちらを選べば良いのかというと、契約時はギガ放題プラン一択です。

なぜかというと、プランはいつでも変更可能ということと、ギガ放題プランのみ、最初の3ヶ月間は月額割引されるという2つの理由からです。

  • ギガ放題プラン、通常プランという2つのプランはいつでも変更可能
  • ギガ放題プランを選んだ場合のみ、最初の3ヶ月間月額割引

つまり、最初はギガ放題プランを選んでおいて、やっぱり通常プランにしたいと思った場合は、途中から通常プランに変更すれば損のない契約ができます。プランの変更は、GMOとくとくBBならウェブ上(BBnavi)で簡単にできるので、5分もあれば完了します。

モバイルルータの選び方

次は、モバイルルータの選び方です。現在、GMOとくとくBBで選択可能な端末は、以下の3つです。

  • W04
  • W03
  • WX02

現在、最新の端末はW04です。WX02は約半年前、W03は約1年前に発売された機種となっています。

モバイルルータを比較するポイントとしては、以下の4つがあります。

  • バッテリー
  • サイズ・重量
  • 最大速度
  • 利用可能な通信モード

バッテリー

バッテリーは、両者とも十分すぎるほど長持ちするので、どちらを選んでも困ることはないでしょう。
バッテリーの持ちが短いほうのW03でも、約1040時間保ちます。

サイズ・重量

サイズ・重量に関しても、3つともコンパクトな端末なので、どれでも良いという感じです。一般的なスマートフォンよりもふた回りくらいコンパクトです。

また、スマートフォンのように頻繁に手にとって操作するようなものではなく、机の上に置きっ放しということが多いので、あまり気にするポイントではないでしょう。

最大速度

  • W04:440Mbps
  • WX03:440Mbps
  • W03:370Mbps

最新端末だけあって、W04とWX03のほうが高速です。

利用可能な通信モード

メインの通信モードは、3つともWiMAX2+です。

W04とW03は、月1,000円の有料オプションですが、LTE回線も利用することができます。

ほとんどの場合、WiMAX2+だけあれば十分なので、LTEを利用する機会はあまりありません。ほとんどのWiMAXユーザーが、LTEを利用せずに過ごすと思います。

とはいえ、もしものときにLTEもオプションで利用できるといろいろ便利なことがあります。LTEが利用可能なW04を選んでも損はないでしょう。

モバイルルータの選び方 まとめ

モバイルルータは、W04を選んでおけば間違いありません。

WiMAXの端末は、2年間使うものなので、そのときの最新端末を選んでおいたほうが良いからです。WX03と比較すると、オプションでLTE回線が使えるという明確なメリットがある一方、大きなデメリットは見当たりません。

W04は最新端末なので、これを選択するとキャッシュバック額が31,500円に下がってしまいます。しかし、モバイルルータは2年間使うものなので、キャッシュバック額が下がってでもW04を選んだ方が安心だと思います。

クレードルは必要?

HWD34PUU_621

クレードルとは何かというと、充電器が台座型になっているものです。

普通のコードタイプの充電器は最初からついてくるので、クレードルは別になくても良いものです。

とはいえ、あれば便利なものです。自宅のテーブルの上に置いておくと見た目がスッキリしますし、ケーブルを抜き差しする手間が省けます。

しかし、コストパフォーマンスは良いとは言えないでしょう。プラスティックの台座に、充電器がついているだけで数千円かかるのは、やや高額かもしれません。

また、WiMAXの契約時に買わなくても、Amazon等でいつでも買えるので、後でどうしても欲しいとなった場合でも手に入れることができます。

オプションの選び方

GMOとくとくBBには、3種類のオプションがあります。

  • 安心サポート
  • 安心サポートワイド
  • Wi-Fi(公衆無線LAN)+オプション

安心サポートとは?

安心サポートというのは、月額300円を支払うことでモバイルルータの故障修理が無料になるオプションです。

モバイルルータの修理代金は、最低5,000円以上、交換対応になると19,000円になります。安心サポートに加入すれば、この代金が無料になります。

安心サポートに加入すべき?

結論から言うと、安心サポートは不要です。

安心サポートに2年間加入すると、月300円×24ヶ月=7,200円かかります。モバイルルータが交換対応になるような故障をした場合は、安心サポートに加入したほうが得ですが、モバイルルータが一度も故障しなかった場合は、安心サポートの料金が丸々損になってしまいます。

また、WiMAXのモバイルルータは、スマートフォンと比べると故障するリスクは低いです。頻繁に取り出すようなものではないですし、構造も単純なので、故障はしづらいです。

それから、安心サポートに加入しなくても、購入後1年間はメーカーによる保証があるので、初期不良の場合は無償で修理・交換してもらえます。

というわけで、安心サポートは加入しないほうが得になる可能性が高いです。

安心サポートワイドは?

安心サポートワイドは、安心サポートに比べて料金が割高(月500円)になる代わりに、水濡れによる故障も修理対象になります。

安心サポート同様、安心サポートワイドも加入しないほうが得になる可能性が高いです。

WiMAXのモバイルルータは、スマートフォンのように手に持って操作するようなシチュエーションは少ないので、水に濡らしてしまう可能性は低いでしょう。

安心サポート・安心サポートワイドは不要。

安心サポート・安心サポートワイドの解約方法

安心サポート・安心サポートワイドは、WiMAXの契約時に強制加入させられます。なので、一旦は加入して、あとで解約する必要があります。

強制加入といっても、最初の2ヶ月は料金無料なので、2ヶ月以内に解約すれば損をすることはありません。解約は、GMOとくとくBBのサイト(BBnavi)で簡単にできます。

Wi-Fi(公衆無線LAN)+オプションとは

Wi-Fi(公衆無線LAN)+オプションというのは、街中のWi-Fiスポットに接続してインターネットが利用できるサービスです。オプション料金は362円です。

こちらはGMOとくとくBBの回線ではなく、Wi2 300というサービスが利用可能になります。

Wi2 300はかなり利用可能なスポットが多いです。私の体感ですが、スターバックス等のカフェ、ファミレスなら高頻度で利用可能エリアなことが多いですね。

とはいえ、WiMAXをギガ放題プランで契約するなら、不要なオプションです。WiMAXは都市部なら大体の場所で利用可能なので、公衆無線LANを利用しなくてもWiMAXだけで十分だからです。

迷っているかたは、最初の1ヶ月間使ってみて、不要なら解約すればよいでしょう。基本的には不要なオプションです。

Wi-Fi(公衆無線LAN)+オプションの解約方法

こちらも安心サポートと同じく、契約時は強制加入です。なので、翌月にBBnaviで手続きをしましょう。

料金は最初の2ヶ月は無料です。

オプションの選び方 まとめ

GMOとくとくBBには、以下の3種類のオプションがあります。

  • 安心サポート
  • 安心サポートワイド
  • Wi-Fi(公衆無線LAN)+オプション

しかし、基本的にはどれも不要なオプションです。

契約した翌月に解約しましょう。料金は、最初の2ヶ月は無料なので、解約し忘れなければ料金は発生しません。

以上でGMOとくとくBBの契約時に注意するポイントは終わりです!これらのポイントを抑えれば、後悔することなくGMOとくとくBBを契約することができるでしょう。

  • 最安プロバイダにこだわる人
  • キャッシュバックの受け取り手続きをしっかりできる自信がある人

→GMOとくとくBB キャッシュバックプランがおすすめ!お申し込みはこちら↓の公式ページから



  • キャッシュバックの受け取り手続きをしっかりできる自信がない人
  • 多少割高でもいいから面倒な手続きをしたくない人

→GMOとくとくBB 月額割引プランがおすすめ!お申し込みはこちら↓の公式ページから



  • このエントリーをはてなブックマークに追加